manapedia
更新日時:
古文単語「おとなふ/音なふ/訪ふ」の意味・解説【ハ行四段活用】
著作名: 走るメロス
3,598 views
おとなふ/音なふ/訪ふ

ALT

ハ行四段活用

未然形おとなは
連用形おとなひ
終止形おとなふ
連体形おとなふ
已然形おとなへ
命令形おとなへ


意味1:自動詞

音を立てる、声を立てる

[出典]神無月のころ 徒然草
「木の葉に埋(うづ)もるる懸樋のしづくならでは、つゆおとなふものなし。」

[訳]:木の葉で覆われて見えなくなっている懸樋のしづく(水がしたたり落ちる音)以外には、まったく音を立てるものがありません。


意味2:自動詞

訪問する、訪れる、声をかける

[出典]:末摘花 源氏物語
「古りにたるあたりとて、おとなひ聞こゆる人もなかりけるを...」

[訳]:時代の遅れた所というので、訪れ申し上げる人もなかったので...


意味3:自動詞

手紙を出す、消息する

[出典]:宿木 源氏物語
「わざとはなくとも、このわたりにおとなふをりあらむついでに、かくなむ言ひし、と伝へたまへ。」

[訳]:わざわざではなくても、この辺に手紙を出す機会がある時にはそのついでに、こう言っていた、とお伝えください。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。