manapedia
更新日時:
古文単語「いなぶ/否ぶ/辞ぶ」の意味・解説【バ行上二段活用/バ行四段活用】
著作名: 走るメロス
3,238 views
いなぶ/否ぶ/辞ぶ

このテキストでは、古文単語「いなぶ/否ぶ/辞ぶ」の意味、活用、解説とその使用例を記している。

「いなぶ/否ぶ/辞ぶ」には
①バ行上二段活用
②バ行四段活用
の用法があるが、基本的に意味は同じである。

①バ行上二段活用

未然形いなび
連用形いなび
終止形いなぶ
連体形いなぶる
已然形いなぶれ
命令形いなびよ


意味:他動詞

断る、拒む、辞退する、いやがる

[出典]蓬莱の玉の枝 竹取物語
「この国に見えぬ玉の枝なり。このたびは、いかでかいなび申さむ。さまもよき人におはす。」

[訳]:この国では見ることのできない玉の枝です。今回は、どうしてお断り申せましょう。(皇子は)身なりも良いお方でいらっしゃいます。




②バ行四段段活用

バ行四段活用のときの活用は以下の通り。

未然形いなば
連用形いなび
終止形いなぶ
連体形いなぶ
已然形いなべ
命令形いなべ


備考

「いなむ」と表記することもある。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。