新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

竹取物語『蓬莱の玉の枝』 わかりやすい現代語訳・解説 その2

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
竹取物語『蓬莱の玉の枝』その2

このテキストでは、竹取物語の中の「蓬莱の玉の枝」の現代語訳と解説を行っています。少し長いので、5回にわけて説明をしていますが、このテキストはその2回目です。前回のテキスト

前回のあらすじ

かぐや姫から、蓬莱の玉の枝を持ってくるように言われたくらもちの皇子は、本物を探しに行くのではなく、自分の財力と、当時最高の技術を使って偽物の蓬莱の玉の枝をこしらえました。京にもどってきたくらもちの皇子は、玉の枝を持ってかぐや姫のもとを訪れるのですが。

原文

かかるほどに、門をたたきて、

「くらもちの皇子おはしたり」


と告ぐ。

「旅の御姿ながらおはしたり」


と言へば、会ひ奉る。皇子のたまはく、

「命を捨てて、かの玉の枝持ちて来たる」


とて、

「かぐや姫に見せ奉りたまへ」


と言へば、翁持ちて入りたり。この玉の枝に文(ふみ)ぞ付きたりける。
 
いたづらに身はなしつとも玉の枝を手折らでただに帰らざらまし

 
これをあはれとも見でをるに、竹取の翁走り入りていはく、

「この皇子に申したまひし蓬莱の玉の枝を、一つの所あやまたず持ておはしませり。なにをもちてとかく申すべき。旅の御姿ながら、わが御家へも寄りたまはずしておはしたり。はやこの皇子にあひ仕うまつりたまへ」


と言ふに、物も言はで、つらづゑをつきて、いみじう嘆かしげに思ひたり。この皇子、

「今さへなにかと言ふべからず」


と言ふままに、縁にはひ上りたまひぬ。翁、ことわりに思ふに、

「この国に見えぬ玉の枝なり。このたびは、いかでかいなび申さむ。さまもよき人におはす」


など言ひゐたり。かぐや姫の言ふやう、

「親ののたまふことを、ひたぶるにいなび申さむことのいとほしさに、取りがたきものを」。


かくあさましくて持てきたることをねたく思ひ、翁は、閨(ねや)のうち、しつらひなどす。

続く

次ページ:現代語訳と単語解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・竹取物語『蓬莱の玉の枝』 わかりやすい現代語訳・解説 その2

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 東京書籍
『教科書 高等学校国語 国語総合 古典編』 東京書籍
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 42,905 pt 
 役に立った数 5 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!