manapedia
更新日時:
古文単語「かなづ/奏づ」の意味・解説【ダ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
3,047 views
かなづ/奏づ

このテキストでは、ダ行下二段活用の動詞「かなづ/奏づ」の意味、活用、解説とその使用例を記している。

ダ行下二段活用

未然形かなで
連用形かなで
終止形かなづ
連体形かなづる
已然形かなづれ
命令形かなでよ


意味:他動詞

舞を舞う、音楽を奏する

[出典]これも仁和寺の法師 徒然草
「しばしかなでてのち、抜かんとするに、おほかた抜かれず。」

[訳]:しばらく舞を舞ったのちに、(頭にかぶっていた足鼎を)抜こうとすると、まったく抜くことができない。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。