manapedia
更新日時:
『瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆ~』現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
103,500 views
はじめに

このテキストでは、万葉集に収録されている歌「瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆ いづくより来りしものそ目交にもとなかかりて安眠しなさぬ」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解を記しています。作者は山上憶良です。



※万葉集は、奈良時代末期に成立したとみられる日本に現存する最古の和歌集です。平成の次の元号である「令和」(2019年5月1日〜)の由来となった『梅花の歌三十二首并せて序』をはじめ、天皇や貴族、役人や農民など様々な身分の人々が詠んだ4500以上の歌が収録されています。
原文

【長歌】
瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆ 

いづくより来りしものそ目交もとなかかりて安眠なさ

【反歌】
銀も金も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも



ひらがなでの読み方

うりはめば こどもおもほゆ くりはめば ましてしぬはゆ

いづくより きたりしものそ まなかひに もとなかかりて やすいしなさぬ

【反歌】
しろかねも くがねもたまも なにせむに まされるたから こにしかめやも

現代語訳

瓜を食べれば(残してきた)子どものことが自然に思われる。粟を食べれば、いっそうしのばれる。

いったい子どもたちはどこから来たものなのだろうか(どのような縁で、私の子どもとしてやってきたのだろうか)。目の前にやたらと(子どもたちの姿が)ちらついて、安眠させてくれないことよ。



【反歌】
銀も金も宝石も、どうしてそれらより優れている子ども(という宝)に宝として及ぶだろうか。いや及ぶまい。

次ページ:歌の解説・品詞分解


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語