新規登録 ログイン
検索条件
タグ にやの品詞分解

1

9_80
Text_level_1
十訓抄『大江山の歌』 このテキストでは、十訓抄の一節『大江山の歌』(和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。十訓抄は鎌倉中期の説話集です。編者... (全て読む)
9_80
Text_level_1
奥の細道 旅立ち このテキストでは「奥の細道」の冒頭「月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説、そして品詞分解を記しています。タイトルが書籍に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『いみじき成敗(正直の徳)』 このテキストでは、沙石集の一節「いみじき成敗」(唐土にいやしき夫婦あり~)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。書籍によっては「正直の徳」と題するものもあるよ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、徒然草の一節「五月五日、賀茂の競べ馬を」の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※徒然草は兼好法師によって書かれたとされる随筆です。清少納言の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『にくきもの』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中の「にくきもの」の一節(にくきもの。急ぐことあるをりに来て~)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。2回にわたってお送りしていま... (全て読む)

1