新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「あり/有り/在り」の意味・解説【ラ行変格活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
あり/有り/在り

ALT

ラ行変格活用

未然形あら
連用形あり
終止形あり
連体形ある
已然形あれ
命令形あれ


意味1:自動詞

存在する、(物が)ある、(人が)いる

[出典]東下り 伊勢物語
「昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして、京にはあらじ、東の方に住むべき国求めにとて行きけり。」

[訳]:昔、男がました。その男は、自分のことを必要のない者と思い込んで、京にはおるまい、東の方で住むのに適した国を探しに(行こう)と思って出かけていきました。


意味2:自動詞

生きている、無事でいる

[出典]東下り 伊勢物語
「名にし負はばいざ言問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」

[訳]:「都」という名を持っているのなら、さあ尋ねよう。都鳥よ、私の思う人は無事でいるのかいないのか。


意味3:自動詞

(その場に)
居合わせる、いる、生活する

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
「望月の明かさを十合わせたるばかりにて、ある人の毛の穴さへ見ゆるほどなり。」

[訳]:満月を10こ合わせたほど(の明るさ)で、(その場に)居合わせた人の毛穴まで見えるほどでした。


意味4:自動詞

時間が経過する

[出典]蓬莱の玉の枝 竹取物語
「三日ばかりありて漕ぎ帰りたまひぬ。」

[訳]:三日ほど経って、漕ぎ戻っていらっしゃいました。


意味5:自動詞

〜とおっしゃる、〜と書いてある

※この用法の場合「引用文+と+あり」の形で用いられる。
[出典]:蜻蛉日記
「『大夫はいづこにいきたりつるぞ』とあれば...」

[訳]:「大夫はどこに行ったのですか」とおっしゃるので...


意味6:自動詞

優れている

[出典]:若紫 源氏物語
「御供に声ある人して歌はせ給ふ。」

[訳]:お供の中で声の優れている者に歌わせなさる。


意味7:自動詞

栄える

※この用法の場合「世にあり」の形で用いられる。
[出典]:平家物語
「人の世にあればとて、すずろにすさまじき事をもし、いふまじき事をもいふは...」

[訳]:人が世に栄えているからといって、むやみやたらにとんでもない事をし、言うべきでない事を言えば...


意味8:補助動詞

〜である

※この用法の場合、「〜にあり、〜とあり、〜ぞあり、〜にてあり」などの形で用いられることが多い。
[出典]:馬盗人 今昔物語
「頼義見るに、まことによき馬にてありければ...」

[訳]:頼義が(その馬を)見ると、実にすばらしい馬であったので...


意味9:補助動詞

(〜の状態で)
ある、いる

※この用法の場合、形容詞や形容動詞の連用形、助動詞「ず」「べし」の連用形、副詞「さ」「かく」などに付いて用いられることが多い。
[出典]筒井筒 伊勢物語
「昔、田舎わたらひしける人の子ども、井のもとにいでて遊びけるを、おとなになりにければ、男も女も恥ぢかはしてありけれど...」

[訳]:昔、地方をまわって生計をたてていた人の子どもが、井戸の辺りに出て遊んでいたのですが、(2人とも)大人になったので、男も女も互いに恥ずかしがってたのですが...


意味10:補助動詞

お〜になる、ご〜になる

※この用法の場合、「お〜あり、御〜あり」などの形で用いられる。
[出典]:殿下乗合 平家物語
「一院出家あり。」

[訳]:一院は出家になります

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 364 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。