新規登録 ログイン
検索条件
タグ 平家物語

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
『木曽の最期(木曾左馬頭、その日の装束には~)』 あらすじ 以仁王(もちひとおう:天皇の子)の要請を受けて、平氏を討つために源氏が立ち上がります。源氏といえば源頼朝が有名ですが、源頼朝より先に、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期(今井四郎、木曽殿、主従二騎になってのたまひけるは~)』 ここでは平家物語の一節、「木曽の最期」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 ※ ここまでのお話はこちら あらす... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期(今井四郎只一騎、五十騎ばかりが中へ駆け入り~)』 前回のお話はこちら 原文 今井四郎只一騎、五十騎ばかりが中へ駆け入り、鐙踏ん張り立ち上がり、大音声あげて名乗りけるは 「日... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『敦盛の最期』現代語訳と解説 一の谷の戦いで源氏に敗れた平氏は、船にのって海へと逃げていきます。そんな中、この章の主人公である熊谷次郎直実(くまがえのじろうなおざね)は、平家の中でも身分の高い人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『忠度の都落ち』 ここでは、平家物語の中の『忠度の都落ち(三位これを開けて見て〜)』の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) 三位これを開けて見て、 「かかる忘れ形見を賜はりおき候ひ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『忠度の都落ち』 ここでは、平家物語の中の『忠度の都落ち(薩摩守忠度は、いづくよりや帰られたりけん〜)』の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) 薩摩守忠度は、いづくよりや帰られたり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期』の品詞分解 ここでは、平家物語の『木曽の最期』の「木曾左馬頭、その日の装束には~」から始まる部分の品詞分解をおこなっています。書籍によっては「木曾最期/木曽最期」とするもの... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『能登殿最期』の現代語訳と解説 ここでは、平家物語『能登殿最期』の「今はかうと思はれければ~」から始まる部分の現代語訳(口語訳)とその解説をおこなっています。書籍によっては「壇ノ浦の合戦... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曾の最期』 平家物語『木曾の最期』(今井四郎、木曾殿、主従二騎〜粟津の松原へぞ駆け給ふ)でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 問題 次の文章を読み、設問に答えよ ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期』の品詞分解 ここでは、平家物語の『木曽の最期』の「今井四郎、木曽殿、主従二騎になってのたまひけるは~」から始まる部分の品詞分解をおこなっています。書籍によっては「木曾最期/... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!