新規登録 ログイン

1_80 現代文:ことば / 現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ

「はんこ」と「印鑑」の意味とその違い

著者名: 春樹
Text_level_1
マイリストに追加
「はんこ」と「印鑑」

似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。今回ははんこ印鑑についてみていきましょう。



はんこ

「はんこ」は、正式名称を「印章(いんしょう)」といいます。皆さんが「はんこ」や「印鑑」と聞いて想像するそれそのものです。ちなみに、「はんこ」に朱肉をつけて紙に押したときにできる「はんこのあと」のことを「印影(いんえい)」といいます。

印鑑

一方「印鑑」は何かというと、役所や銀行などに登録してある印影のことです。ただしこれは本来の意味であって、現在は混同して使われることが大半だと思います。
Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『広辞苑』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 501 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。