manapedia
更新日時:
地質年代 世界史用語1
著作名: ピアソラ
708 views
地質年代とは:地球の進化と生命の誕生

地球は約46億年前に誕生したと考えられています。その歴史を地層の重なり具合や化石の分布などの証拠に基づいて分類することができます。このようにして分類された地球の歴史の区分を地質年代と呼びます。地質年代は、大きく始生代・原生代・古生代・中生代・新生代の5つに分けられますが、その中でも始生代と原生代は地球の歴史の約88%を占めており、生命の誕生や進化の過程を知る上で重要な時代です。

始生代

始生代は、地球が誕生した約46億年前から約38億年前までの約8億年間を指します。この時代は、地球がまだ不安定で高温だったため、固体の地殻が形成されるまでに時間がかかったと考えられています。また、大気も酸素がほとんど含まれておらず、主に二酸化炭素やメタンなどの還元性の気体で構成されていました。このような環境では、生命は存在できなかったとされています。

始生代の地層は、現在ではほとんど見つかっておらず、その詳細は不明です。しかし、一部の岩石に含まれる同位体比や微量元素の分析から、始生代には太陽系内の他の天体と衝突することで大量の物質が加わったり失われたりした可能性が示唆されています。また、始生代後期には、初期の海洋が形成されたと考えられています。

また、地球がまだ形成途中だった時代であり、その後の原生代や古生代における地球環境や生命の進化に影響を与えた時代と言えます。

原生代

原生代は、始生代から約25億年前まで期間を指します。この時代は、地球環境や生命にとって大きな変化が起こった時代で、さらに前期原生代(アーキアン)と後期原生代(プロテロゾイック)に分けられます。

古生代

古生代は、エディアカラン(新原生代クライオジェニアンの終わりから古生代カンブリア紀の始まりまでの約6億2000万年前〜約5億4200万年前)から約2億5000万年前までの約2億9000万年間を指します。この時代は、地球上に動物が広がり、多様化し、絶滅するというサイクルが始まった時代です。古生代は、さらにカンブリア紀(カンブリア)、オルドビス紀(オルドビス)、シルル紀(シルル)、デボン紀(デボン)、石炭紀(石炭)、ペルム紀(ペルム)に分けられます。

カンブリア紀(カンブリア)

カンブリア紀は、エディアカランから約5億4000万年前までの約5000万年間を指します。この時期には、動物の進化にとって最も重要な現象が起こりました。それは、カンブリア爆発と呼ばれる現象です。カンブリア爆発とは、短い時間のうちに、動物界のほとんどの主要な門や綱が出現したという現象です。カンブリア爆発の原因については、様々な仮説が提唱されていますが、確定的なものはありません。カンブリア紀の動物は、軟体動物や節足動物などの無脊椎動物が主であり、骨格や殻などの硬い部分を持つものが多かったです。これらの動物の化石は、世界各地で発見されており、特にカナダのバージェス頁岩や中国の澄江動物群などは有名です。

カンブリア紀は、動物界の基本的な枠組みが形成された時代であり、生物多様性の爆発的な進化が始まりました。

中生代

中生代は、ペルム紀から約6500万年前までの約1億8500万年間を指します。この時代は、地球上に恐竜が支配し、植物や動物がさらに多様化した時代です。中生代は、さらに三畳紀(三畳)、ジュラ紀(ジュラ)、白亜紀(白亜)に分けられます。

三畳紀

三畳紀は、ペルム紀から約2億5000万年前までの約4億5000万年間を指します。この時期には、パンゲア大陸が分裂し始め、気候や地形が変化しました。三畳紀には、初めて恐竜や哺乳類などの四肢動物が出現した時期があります。これらの動物は、爬虫類から進化し、その後の恐竜や哺乳類へと発展することになりました。また、三畳紀には、初めて被子植物や昆虫などの陸上生物が多様化した時期もあります。これらの生物は、花や果実などの構造を発達させ、受粉や種子散布などの方法を多様化させました。

三畳紀は、パンゲア大陸が分裂した時代であり、生命の多様性が飛躍的に進化した時期です。




1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史