manapedia
更新日時:
「油」と「脂」の違い・使い分け方
著作名: 春樹
275 views
「油」と「脂」

言い方は似ているにもかかわらず実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。今回はについてみていきましょう。



「油」

「油」は常温で液体のものをいい、主に植物由来(菜種油・ごま油など)や鉱物由来(石油など)のものを指します。

「脂」

「脂」は常温で個体のものをいい、動物由来のもの(脂肪・ラードなど)を指します。ラーメンで用いられる「脂」は豚や鶏の動物由来ということですね。「旨(うまい)」という文字からもわかるように、「旨味」が感じられるときに使われます。

「油脂」とは?

では「油」と「脂」が組み合わさった「油脂」とは何でしょうか。農林水産省のホームページには次のように書かれています。

常温で固体の脂肪と常温で液体の油をあわせて、油脂(ゆし)といいます。

出典:農林水産省

要するに「油脂」とは、油や脂の総称のことですね。

まとめ

「油」は常温で液体のもの。「脂」は常温で個体のもの。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語