manapedia
更新日時:
古文単語「くる/呉る」の意味・解説【ラ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
375 views
くる/呉る

ALT

ラ行下二段活用

未然形くれ
連用形くれ
終止形くる
連体形くるる
已然形くるれ
命令形くれよ


意味1:他動詞

(人に)
与える

[出典]留志長者のこと 宇治拾遺物語
「人に物くるるこそ、我が子にて候はめ。」

[訳]:人に物を与える(方)こそ、我が子でございましょう。


意味2:他動詞

(人に物を)
与えてくれる

[出典]:友とするにわろき者 徒然草
「良き友三つあり。一つには、物くるる友。二つには、医師。三つには、知恵ある友。」

[訳]:良い友には三種類ある。ひとつ目は、物を与えてくれる友。ふたつ目は、医者。みっつ目は、知恵のある友。


意味3:補助動詞

(動詞の連用形+接続助詞「て」のあとについて)
〜してやる、〜してくれる

[出典]:太平記
「いかにもして杣山の城に入れ参らせてくれよ。」

[訳]:どのようにしてでも杣山の城にお入れ申し上げてくれ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。