manapedia
『ひととせにひとたび来ます君待てば宿かす人もあらじとぞ思ふ』わかりやすい現代語訳と解説・品詞分解
著作名: 走るメロス
3,855 views
はじめに

このテキストでは、古今和歌集や伊勢物語の第82段「渚の院」に収録されている歌「ひととせにひとたび来ます君待てば宿かす人もあらじとぞ思ふ」の現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解をしています。

原文

ひととせに ひとたび来ます 君待てば 宿かす人も あらじとぞ思ふ

ひらがなでの読み方

ひととせに ひとたびきます きみまてば やどかすひとも あらじとぞおもふ

現代語訳

(織姫は)一年に一度おいでになる人を待っているのですから、(その方以外に)宿を貸す相手はいないだろうと思います。

解説

作者は紀有常です。古今和歌集の詞書や伊勢物語には次のように書かれています。

惟喬親王と狩りをして天の川という川に行き着いたときに、親王が、「交野で狩りをおこなって、天の川のほとりに行き着いたことを題にして、歌を詠んで杯にそそぎなさい。」とおっしゃったことに対して、馬頭(在原業平)が「狩り暮らしたなばたつめに宿からむ天の河原に我は来にけり」と詠みました。「天の川の河原に来たのだから、織姫に宿を借りようではないか」という趣旨の歌です。

これを聞いた親王は、歌を繰り返し繰り返し口ずさみなさって、返歌をなさることができず、代わりに控えていた紀有常がこの歌を詠みました。

品詞分解

※名詞は省略しています。

ひととせ
格助詞
ひとたび
カ行変格活用「く」の連用形
ます尊敬を表す補助動詞・サ行四段活用「ます」の連体形
待てタ行四段活用「まつ」の已然形
接続助詞
宿
かすサ行四段活用「かす」の連体形
係助詞
あらラ行変格活用「あり」の未然形
打消推量の助動詞「じ」の終止形
格助詞
係助詞
思ふハ行四段活用「おもふ」の連体形(係り結び)


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。