manapedia
更新日時:
古文単語「たえいる/絶え入る」の意味・解説【ラ行四段活用】
著作名: 走るメロス
1,150 views
たえいる/絶え入る

ALT

ラ行四段活用

未然形たえいら
連用形たえいり
終止形たえいる
連体形たえいる
已然形たえいれ
命令形たえいれ


意味1:自動詞

気絶する、気を失う

[出典]すける物思ひ 伊勢物語
「『出でて往なばたれか別れの難からむありしにまさる今日は悲しも』と詠みて、絶え入りにけり。」

[訳]:「(女性が自ら)出て行ったのならば、誰が別れ難いと思いましょうか。(しかしそうではないので)今までにまさって、今日は悲しいことですよ」と詠んで、気を失ってしまいました。


意味2:自動詞

死ぬ、息絶える

[出典]:葵 源氏物語
「内裏に御消息聞こえたまふほどもなく絶え入りたまひぬ。」

[訳]:宮中にいらっしゃる方々にお知らせ申し上げなさる間もなく、(葵の上は)息が絶えておしまいになりました。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。