manapedia
古文単語「ねたし/妬し」の意味・解説【形容詞ク活用】
著作名: 走るメロス
2,352 views
ねたし/妬し

ALT

形容詞・ク活用

未然形ねたくねたから
連用形ねたくねたかり
終止形ねたし
連体形ねたきねたかる
已然形ねたけれ
命令形ねたかれ


意味1

いまいましい、しゃくにさわる、憎らしい

[出典]この草子、目に見え心に思ふことを 枕草子
「ただ、人に見えけむぞ、ねたき。」

[訳]:ただ、(この草子が)人に見えたであろうことが、しゃくにさわるのです。


意味2

残念である、悔しい

[出典]:ねたきもの 枕草子
ねたきもの。」

[訳]悔しいもの。


意味3

妬ましいほど素晴らしい、優れている

[出典]:明石 源氏物語
「これは、あくまで弾き澄まし、心憎くねたき音ぞまされる。」

[訳]:これは、どこまでも(見事に琴を)弾いて、奥ゆかしくねたましいほど素晴らしい音色が優れてます。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。