manapedia
古文単語「つれなし」の意味・解説【形容詞ク活用】
著作名: 走るメロス
3,785 views
つれなし

ALT

形容詞・ク活用

未然形つれなくつれなから
連用形つれなくつれなかり
終止形つれなし
連体形つれなきつれなかる
已然形つれなけれ
命令形つれなかれ


意味1

平然としている、さりげない、素知らぬ様子である

[出典]須磨 源氏物語
「下には思ひ砕くべかめれど、ほこりかにもてなして、つれなきさまにしありく。」

[訳]:(源氏に連れ添って須磨に下ることを)心中ではあれこれと思い悩んでいるに違いないようですが、(うわべは)誇らしげに振る舞って、平然とした様子で時を過ごします。


意味2

冷淡である、冷ややかである、薄情である、無関心である

[出典] 源氏物語
「すべてつれなき人にいかで心もかけきこえじ。」

[訳]:もう一切薄情な人に決して心を掛け申し上げますまい。


意味3

何ごともない、何の変化もない

[出典]五月ばかりなどに 枕草子
「草葉も水もいと青く見えわたりたるに、上はつれなくて草生ひ茂りたるを...」

[訳]:草葉も水もたいへん青く一面に見えている中で、表面は何の変化もなくて草木が生い茂っているところを...


意味4

無情だ、思いのままにならない

※この用法の場合、下に「命/齢」などを伴う場合が多い。
[出典]:桐壷 源氏物語
「返す返すつれなき命にもはべるかな。」

[訳]:本当に無情な(自分の)命でもございますことよ。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。