manapedia
古文単語「おふ/追ふ」の意味・解説【ハ行四段活用】
著作名: 走るメロス
1,653 views
おふ/追ふ

ALT

「おふ」には
負う(ハ行四段活用)
生ふ(ハ行上二段活用)
③追ふ(ハ行四段活用)
などがあるが、ここでは「③追ふ」を扱う。
ハ行四段活用

未然形おは
連用形おひ
終止形おふ
連体形おふ
已然形おへ
命令形おへ


意味1:他動詞

追いかける、後を追う

[出典]海賊の恐れ 土佐日記
「二十六日。まことにやあらむ。『海賊追ふ。』と言へば、夜中ばかり舟を出だして漕ぎ来る路に手向けする所あり」

[訳]:二十六日。(海賊が追ってくるという噂は)本当なのだろうか。「海賊が後を追う。」と言うので、夜中ぐらいに船を出して漕いでいく途中に、神仏に供え物をする所がある


意味2:他動詞

目指して行く

[出典]羽根 土佐日記
「十一日。暁に舟を出だして、室津を追ふ。」

[訳]:11日。夜明け前に船を出して、室津を目指して行く


意味3:他動詞

追い払う、追放する

[出典]:蜻蛉日記
「田守のもの追ひたる声...」

[訳]:田の番人の獣や鳥などを追い払う声が...


意味4:他動詞

先払いをする

※この用法の場合多くが、「先を追ふ」の形で用いられる。
[出典]:徒然草
「この殿大将にて、先を追はれけるを...」

[訳]:この殿が大将であって、先払いをおさせになったのを...


意味5:他動詞

先例にならう

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。