manapedia
更新日時:
古文単語「よひとよ/夜一夜」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
4,029 views
よひとよ/夜一夜

このテキストでは、古文単語「よひとよ/夜一夜」の意味、活用、解説とその使用例を記している。

副詞

意味

一晩中、夜通し

[出典]姨捨 大和物語
「この山の上より、月もいと限りなく明かく出でたるをながめて、夜一夜、寝も寝られず、悲しうおぼえければ、かく詠みたりける。」

[訳]:この山の上から、月が本当にこの上なく明るく出ているのを物思いにふけりながらぼんやりと見て、一晩中、寝ることもできず、悲しく思われたので、このように(歌を)詠みました。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。