manapedia
更新日時:
『おしなべて峰も平になりななむ山の端なくは月も入らじを』わかりやすい現代語訳と解説・品詞分解
著作名: 走るメロス
4,498 views
はじめに

このテキストでは、伊勢物語の第82段「渚の院」に収録されている歌「おしなべて峰も平になりななむ山の端なくは月も入らじを」の現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解をしています。

※後撰和歌集には

おしなべて峰も平になりななむ山の端なくは月も隠れじ

として収録されています。

原文

【伊勢物語】
おしなべて峰も平になりななむ 山の端なくは月も入らじを

【後撰和歌集】
おしなべて峰も平になりななむ山の端なくは月も隠れ

ひらがなでの読み方

【伊勢物語】
おしなべてみねもたひらになりななむ やまのはなくはつきも いらじを

【後撰和歌集】
おしなべてみねもたひらになりななむ やまのはなくはつきもかくれじ

現代語訳

【伊勢物語】
(いっそのこと)一様に、どの峰も平らになってほしいものです。山の端がなければ、月も(山の端に)入らないだろうに。

【後撰和歌集】
(いっそのこと)一様に、どの峰も平らになってほしいものです。山の端がなければ、月も(山の端に)隠れないだろうに。

解説

伊勢物語では、紀有常が詠んだとされていますが、後撰和歌集では、上野岑雄が詠んだとされています。伊勢物語には次のように書かれています。

惟喬親王との狩りをおえて御殿に戻り世間話をしていたところ、親王が寝床にさがろうとされたので、親王を、ちょうど隠れようとしていた月になぞらえて、「お休みになるのはまだ早いですよ」と引き止めようとする歌を、狩りに同行した馬頭が詠みました。(飽かなくにまだきも月の隠るるか山の端逃げて入れずもあらなむ)これを受けて、親王の側に控えていた紀有常が詠んだ歌が「おしなべて峰も平になりななむ山の端なくは月も入らじを」です。

その前段で馬頭が詠んだ「狩り暮らしたなばたつめに宿からむ天の河原に我は来にけり
という歌には、「ひととせにひとたび来ます君待てば宿かす人もあらじとぞ思ふ」と反論をしていた紀有常ですが、今回は、馬頭に共感をして詠んだといったところでしょうか。

文法

句切れ

三句切れ。

品詞分解

※名詞は省略しています。

【伊勢物語】
おしなべて副詞
係助詞
平にナリ活用の形容動詞「たひらなり」の連用形
なりラ行四段活用「なる」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の未然形
なむ願望の終助詞
格助詞
なくク活用の形容詞「なし」の連用形
係助詞または接続助詞
係助詞
入らラ行四段活用「いる」の未然形
打消推量の助動詞「じ」の連体形
間投助詞



【後撰和歌集】
おしなべて副詞
係助詞
平にナリ活用の形容動詞「たひらなり」の連用形
なりラ行四段活用「なる」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の未然形
なむ願望の終助詞
格助詞
なくク活用の形容詞「なし」の連用形
係助詞または接続助詞
係助詞
隠れラ行四段活用「かくる」の未然形
打消推量の助動詞「じ」の連体形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。