manapedia
更新日時:
古文単語「まそほ/真朱/真緒」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
3,364 views
まそほ/真朱/真緒

このテキストでは、古文単語「まそほ/真朱/真緒」の意味、解説とその使用例を記している。

※「ますほ」とも。
名詞

意味1

(朱色の顔料にする)
赤い土

意味2

赤い色

[出典]或者、子を法師になして 徒然草
ますほの薄(すすき)、まそほの薄など言ふ事あり。渡辺の聖、この事を伝へ知りたり。」

[訳]:(和歌では)ますほのすすき(といったり)、まそほのすすきなどと言ったりする事がある。渡辺の聖が、この事を伝え聞いて知っている。

※「ますほのすすき/ますほのすすき」とは、すすきの穂が赤みがかったものをいう。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。