manapedia
徒然草『世に従はん人は』の現代語訳・文法解説
著作名: 走るメロス
48,792 views
徒然草『世に従はん人は』

ここでは、兼好法師が書いた徒然草の中の『世に従はん人は』の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文(本文)

世に従は人は、まづ機嫌知るべし。ついで悪しき事は、人の耳にも逆ひ、心にも違ひて、その事ならず。さやうの折節心得べきなり。ただし、病をうけ、子産み、死ぬる事のみ、機嫌をはからず、ついで悪しとて止むことなし。生住異滅移り変はるまことの大事は、猛き河のみなぎり流るるがごとし。しばし滞らず、直ちに行ひゆくものなり。されば、真俗につけて、必ず果たし遂げんと思はん事は、機嫌を言ふべからず。とかくもよひなく、足を踏みとどむまじきなり。


暮れて後夏になり、夏果てて秋の来るにはあらず。春はやがて夏の気をもよほし、夏より既に秋は通ひ、秋はすなはち寒くなり、十月は小春の天気、草も青くなり、梅もつぼみぬ。木の葉の落つるも、まづ落ち芽ぐむにはあらず。下よりきざしつはる堪へずして落つるなり。迎ふる気、下にまうけたるゆゑに、待ちとるついで甚だ早し生老病死の移り来る事、またこれに過ぎたり。四季はなほ定まれるついであり。死期はついでを待たず。死は前よりしも来らず、かねて後ろに迫れり。人皆死あることをりて、待つこと、しかも急ならざるに、覚えずして来る。沖の干潟はるかなれども、磯より潮の満つるがごとし。

現代語訳(口語訳)

世間に順応しようとする人は、まず(物事の)しおどきを知らなくてはなりません。物事の順序がよくないことは、人の耳にも不愉快に聞こえ、心にも背いて、(とりかかろうとした)その事が成就しません。そのような時節を理解しなければなりません。しかしながら、病気にかかる、子どもを産む、死ぬことだけは、時機を予測せずに(やってきて)、物事の順序がよくないからといって(それらが)治まることはありません。生住異滅が次第に変化することの、本当の重要なことは、勢いが激しい川が満ちあふれて流れるようなものです。(重要なことは、その場に)少しの間も停滞することなく、すぐに進行するものなのです。それゆえ、仏道のことであれ世俗のことであれ、必ず最後までやり遂げようと思うようなことは、時機(が良いか悪いかなどと)言ってはなりません。(やり遂げようと思うようなことには)あれこれと準備することなく、足を踏みとどめてはならないのです。


春が終わったのちに夏になり、夏が終わり秋がやってくるのではありません。春はそのまま夏の気配を誘い、夏の間からももう秋(の気配)が通いだし、秋はすぐに寒くなります。十月は(春を思わせる)小春日和の天気で、草も青くなり、梅もつぼみをつけます。木の葉が散るのも、最初に葉が散って(その後に)芽を出しはじめるのではありません。(葉の)下から芽ぐみ、芽がふくらむのに持ちこたえずに(葉が)散るのです。(葉が散る時機を)待ち受ける生気が、(木の)内部に準備しているので、(葉が散るのを)待ち受け(て芽が出)る順序がとても早いのです。生(まれて)、老(いて)、病(にかかり)、死(んでいく)が移り変わって(人に)来ることは、またこれ(四季の変化)より勝って早いのです。四季は何と言っても(春夏秋冬という)決まった順序があります。(しかし)死期は順序を待ちません。死は必ずしも前からやってくるわけではなく、それと同時に背後に近づいているのです。人々は皆死があることを知っていますが、(死を)待つことが、そんなにも差し迫ってはいないときに、思いがけなくやってきます。(それは)沖の干潟は遠く離れていますが、磯から潮が(一気に)満ちるようなものなのです。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。