manapedia
更新日時:
古文に出てくる品詞~動詞編~
著作名: 春樹
18,674 views
古文に出てくる品詞~動詞編~

古文にも現代文の同じように、動詞形容詞といった品詞が登場してきます。
普段日本語を話すときにで、動詞だの形容詞だのと意識しながら話をする方はほとんどいないと思います。しかし、話す言葉と古典で読む文章とは全く違うもので、口語のようにニュアンスやフィーリングで問題を解こうとすると、あえなく撃沈、そして古典の苦手意識ができてしまうということも多いです。
あくまでも 口語と、ここで勉強している古典は違うものであることをしっかりと念頭において勉強をすすめていきましょう。
古典はニュアンスやフィーリングではなく、 覚えた者が絶対に勝ちます。
自分にはフィーリングで解ける能力があるんじゃないかなんて変な幻想は持たずに、1つでも多くの単語を覚えるよにしましょう。

長くなりましたが、品詞の1つ動詞について説明します。
動詞

動詞は、終止形がウ段で終わります。(ラ行変格活用だけは「リ」で終わります。)
わかりやすく例を挙げましょう。
言ふ見る蹴る 全部で終わってますね。

ちなみにラ行のものは4つしかありません。ここで覚えてしまいましょう。
ラ行変格活用は あり、居り(をり)、侍り(はべり)、いまそかり

リズムで覚えましょう。「♪ありをりはべり、いまそかり♪」です。
動詞の活用

動詞には以下9種類の活用の種類があります。

四段活用

活用型/活用形未然形連用形終止形連体形已然形命令形備考
四段活用
上一段活用イるイるイれイよ
上二段活用ウるウれイよ
下一段活用けるけるけれけよ 蹴るのみ
下二段活用ウるウれエよ
ナ行変格活用ぬるぬれ 死ぬ、往ぬ(いぬ)のみ
ラ行変格活用 「あり」、「居り」、「はべり」、「いまそかり」のみ
カ行変格活用くるくれ 「来」のみ
サ行変格活用するすれせよ 「す」、「おはす」のみ

四段活用は、動詞の語尾が「アイウエ」の4段のみで活用している動詞です。
動詞の中では一番多くの種類を持っています。基本的に現代語と同じです。
ex.書く、泳ぐ、遊ぶ
上一段活用

上一段活用は「イ」段1つで活用をします。
数が限られているので、これも覚えてしまいましょう
・着る
・似る、煮る
・干る(ひる)、嚏る(ひる)
・見る、廻る(みる)
・射る、鋳る(いる)、沃る(いる)、居る(ゐる)、率る(ゐる)
・顧みる、用いるのように語尾が「みる」や「ゐる」のもの
上二段活用

上二段活用は、「イ」と「ウ」2つの段を用いて変化する活用です。
ex.生く、過ぐ、恋ふ
下一段活用

下一段活用は「エ」段1つで活用します。
これは「 蹴る」だけですので、忘れないようにしましょう。
下二段活用

「ウ」と「エ」2つの段を用いて変化する活用です。
ex.失す(うす)、捨つ(すつ)、()
変格活用

○行変格活用は、いままで挙げた規則的な活用とは異なり、独自の活用をするものです。
ナ行変格活用は 死ぬ、往ぬ(いぬ)
ラ行変格活用は 「あり」、「居り」、「はべり」、「いまそかり」
カ行変格活用は 「来」(く)
サ行変格活用は 「す」、「おはす」

以上で全部になります。
古文に出てくる動詞編のまとめ

古典文法の動詞は、現代文法の動詞とは異なる特徴や用法を持っています。古典文法の動詞の種類、活用、意味、接続法などについて説明します。

まず、古典文法の動詞の種類について見ていきましょう。古典文法の動詞は、四段活用、上一段活用、下一段活用、カ行変格活用、サ行変格活用、ナ行変格活用の六種類に分けられます。これらの活用は、動詞の語幹と語尾がどのように変化するかによって決まります。例えば、「書く」という動詞はカ行四段活用であり、「書き」という語幹に「-ぬ」「-たり」「-けり」などの語尾がついて時制や相を表します。「書きぬ」は未然形、「書きたり」は連体形、「書きけり」は已然形です。

次に、古典文法の動詞の意味について考えてみましょう。古典文法の動詞は、現代文法の動詞と同じように、動作や状態を表すことができます。しかし、古典文法の動詞には、現代文法の動詞にはない意味やニュアンスがあることもあります。例えば、「思ふ」という動詞は、「考える」という意味だけでなく、「愛する」という意味も持ちます。「思ふ」は恋愛を表す重要な動詞であり、和歌や物語などでよく使われます。また、「あり」という動詞は、「ある」という意味だけでなく、「いる」という意味も持ちます。「あり」は人や動物の存在を表すことができます。

さらに、古典文法の動詞の接続法についても触れておきましょう。古典文法の動詞は、現代文法の動詞と同じように、他の語や節と接続して複雑な文を作ることができます。しかし、古典文法の動詞には、現代文法の動詞にはない接続法があることもあります。例えば、「終止形」という接続法は、現代文法では主に述語として使われますが、古典文法では主節や従属節でも使われます。「終止形」は名前の通り文を終わらせる役割を持ちますが、同時に新たな情報を導入する役割も持ちます。また、「連体形」という接続法は、現代文法では主に修飾語として使われますが、古典文法では主節や従属節でも使われます。「連体形」は名前の通り名詞を修飾する役割を持ちますが、同時に前提や背景を示す役割も持ちます。

以上のように、古典文法の動詞は、現代文法の動詞とは異なる特徴や用法を持っています。
古文ではこれを全部覚えなければいけません。
入試でこれだけをきかれることはほとんどありませんが、覚えなければならない箇所ですのでリズムにのってさっさと覚えてしまいましょう。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。