manapedia
更新日時:
伊勢物語『つひにゆく道』(昔、男わづらひて、心地死ぬべくおぼえければ〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
4,131 views
伊勢物語『つひにゆく道』

ここでは、伊勢物語の第125段『つひにゆく道』(昔、男わづらひて、心地死ぬべくおぼえければ〜)の品詞分解を記しています。

※現代語訳:伊勢物語『つひにゆく道』の現代語訳と解説

品詞分解

※名詞は省略しています。

昔、
わづらひハ行四段活用「わづらふ」の連用形
て、接続助詞
心地
死ぬナ行変格活用「しぬ」の終止形
べく推量の助動詞「べし」の連用形
おぼえヤ行下二段活用「おぼゆ」の連用形
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ば、 接続助詞
ついに副詞または名詞「つひ」+格助詞「に」
行くカ行四段活用「ゆく」の連体形
格助詞
係助詞
かねて副詞
聞きカ行四段活用「きく」の連用形
しか過去の助動詞「き」の已然形
接続助詞
昨日
今日
格助詞
係助詞
思はハ行四段活用「おもふ」の未然形
ざり打消の助動詞「ず」の連用形
過去の助動詞「き」の連体形
間接助詞または接続助詞


※現代語訳:伊勢物語『つひにゆく道』の現代語訳と解説

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。