manapedia
更新日時:
壬生忠岑『有明のつれなく見えし別れより暁ばかり憂きものはなし』現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
39,904 views
百人一首(30)


有明の つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし


このテキストでは、百人一首に収録されている歌「有明のつれなく見えし別れより暁ばかり憂きものはなし」のわかりやすい現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。この歌は、百人一首の他に、古今和歌集にも収録されています。





原文

(※1)有明の (※2)つれなく見えし 別れより (※3)ばかり (※4)憂きものはなし


ひらがなでの読み方

ありあけの つれなくみえし わかれより あかつきばかり うきものはなし


現代語訳(口語訳)

(夜が明けても空に残っている)有明の月がそっけなく見えた。(同じように、あなたにそっけなく追い返された)その別れ以来、暁(夜明け前)ほどつらいものはない。





解説・鑑賞のしかた

この歌の詠み手は、三十六歌仙の一人、壬生忠岑(みぶ の ただみね)です。古今和歌集の撰者の一人としても知られています。子の壬生忠見も同じく三十六歌仙の一人です。

夜、女性のもとに遊びに行ったのに、「さっさと帰ってちょうだい」と冷淡に追い返されてしまった。仕方なく外へ出ると、有明の月までそっけない態度をとっているように思える。そんなことがあって以来、暁の時間帯が私にはつらく感じるのですよ。そんな男性の悲哀さを詠んだ歌といえます。


主な技法・単語・文法解説

単語

(※1)有明夜遅くに出て、朝まで残る月のこと
(※2)つれなく「冷淡である、素知らぬ様子である」などと訳す。有明の月と女性の両方にかかっていると考えられる
(※3)暁「あかつき」と読む。夜明け前のまだ暗い時間帯
(※4)憂き「つらい、情けない」などと訳す



品詞分解

※名詞は省略しています。



有明
格助詞
つれなくク活用の形容詞「つれなし」の連用形
見えヤ行下二段活用「みゆ」の連用形
過去の助動詞「き」の連体形
別れ
より格助詞
ばかり副助詞
憂きク活用の形容詞「うし」の連体形
もの
係助詞
なしク活用の形容詞「なし」の終止形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。