manapedia
更新日時:
徒然草『雪のおもしろう降りたりし朝』 わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
88,206 views
はじめに

このテキストでは、徒然草の一節「雪のおもしろう降りたりし朝」(雪のおもしろう降りたりし朝、人のがり言ふべき事ありて〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。



※徒然草は兼好法師によって書かれたとされる随筆です。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。

原文

雪の(※1)おもしろう降りたりし、人の(※2)がり言ふべき事ありて、(※3)文をやるとて、雪のこと何とも言はざりし返事(かへりごと)に、



「この雪いかが見ると一筆(※4)のたまはせぬほどの、ひがひがしからん人の(※5)おほせらるる事、聞き入るべきかは。かへすがへす口惜しき御心なり。」


と言ひたりしこそ、をかしかりしか。今は亡き人なれば、かばかりの事も忘れ難し。


【姶良】あなたは読める?難読地名の読み方と由来


現代語訳・口語訳

雪が趣深く降り積もった朝に、ある人のもとへ言わなければならないことがあって、手紙をやろうと思って、雪のことに何も言及しなかった(手紙の)返事に、



「この雪をどのように思うかと一言もおっしゃらない程度の、趣を理解しないような人のおっしゃることを、どうして聞き入れることができるましょうか、いやできません。(手紙に、雪に関する記述がなく)本当に残念なお心です。」




と言ってよこしたことは、とても興味深いことであった。(その人は)今は亡くなっている人なので、この程度のことでも忘れがたい。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

【順列(P)と組み合わせ(C)のちがいについて解説】


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。