新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「おもしろし」の意味・解説【形容詞ク活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
おもしろし/面白し

ALT

形容詞・ク活用

未然形おもしろくおもしろから
連用形おもしろくおもしろかり
終止形おもしろし
連体形おもしろきおもしろかる
已然形おもしろけれ
命令形おもしろかれ


意味1

(景色などが)
素晴らしい、趣がある、美しい

[出典]徒然草 兼好法師
「雪のおもしろう降りたりし朝... 」

[訳]:雪が趣深く降った日の朝のこと...

※「おもしろう」は「おもしろし」の連用形のウ音便


意味2

(音楽など人事に関することで)
楽しい、愉快だ、興味深い

[出典]源氏物語 紫式部
「耳馴れぬ心地して、掻き返す撥の音も、もの清げにおもしろし。」

[訳]:聞き慣れない気がして、(弦を)かき返す撥の音も、なんとなくすっきりとしていて興味深い


意味3

(中世以降の作品にみられる用法)
珍しい、風変わりである

[出典]:霊異記
「はなはだおもしろき国あり。」

[訳]:たいそう風変わりな国があります。


「をかし/あはれなり」との違い

「風情がある、興味深い」という意味では「おもしろし/をかし/あはれなり」は共通している。しかし、次のような微妙なニュアンスの違いがある。

おもしろし目の前が明るくなり、心が晴れやかにはるような感情を表す。
をかし自分の持っている価値観がある対象と一致したときに感じる感動や情緒を表すあはれなりとは対照的な感情。
あはれなりしみじみと心が動かされるような情緒を表す。をかしとは対照的な感情。


参照:をかしの意味
参照:あはれなりの意味
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,775 pt 
 役に立った数 2 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。