manapedia
更新日時:
名詞の種類(中学国語の文法)
著作名: 春樹
107,130 views
名詞の種類(中学国語の文法)

ここでは、名詞の種類について説明しています。名詞とは、物事の名称を表す単語のことで、品詞の一種です。

名詞には、普通名詞固有名詞代名詞形式名詞転成名詞数詞といくつもの種類があります。



普通名詞

普通名詞とは、えんぴつ、シャーペン、消しゴムなどのように、普通の一般的な名称のことです。えんぴつをみてこれはボールペンだという人はいませんし、犬をみてこれは猫だという人もいませんよね。

つまり、物事の一般的な名称を表す単語。
例)犬、猫、えんぴつ、ボールペン、車、家、かばん など

例文:は人間の友達だ。の水は冷たい。りんごは赤くて甘い。

固有名詞

固有名詞とは人の名前や地名のように、それ以外には存在しない特定の対象を表す名詞のことです。



例えば「山」という名詞を考えてみましょう。「山」は普通名詞で、「山」だけではどの山を指しているのかわかりません。しかし「富士山」と言ったらどうでしょう。富士山は世界で1つだけの山で、すぐにわかりますよね。

例文:例:徳川家康は戦国時代の武将だった。仙台市は東北地方の中心都市だ。スペインはヨーロッパにある国だ。浦島太郎は日本の昔話の主人公だ。

代名詞

代名詞とは、「私」、「彼」、「彼女」のようなものです。英語で考えるとわかりやすいです。

I(私),We(私たち),You(あなた/あなたたち),He(彼),She(彼女),It(それ),They(彼ら/彼女ら/それら)、これが代名詞です。

例文:は中学校の生徒です。あなたはどこに住んでいますか?は野球が得意だ。彼女は楽器がが上手だ。これは私の教科書です。

形式名詞

形式名詞とは、「こと」「もの」「とき」「ほう」と覚えましょう。詳細に言えば、それ自身では実質的な意味を持たず、常に連体修飾語を受けて使われる単語のことを指します。

・「大切なこと はあきらめないことだ」
・「それは彼の考えによるものだ」
・「海に行くときはいつも日焼け止めをぬっている」
・「そのほうがいいと思います」。

※文節を区切る問題でよく出題されます。

例文:楽器を弾くことが好きだ。彼の言うものは信じられない。外に出るときは、財布を持っていく。

転成名詞

転成名詞とは、ほかの品詞が名詞に変化したものです。
例えば、「静けさ」、「帰り」、「流れ」のようなものです。「静けさ」は「静か」という形容詞が、「帰り」は帰るという動詞が、「流れ」は「流れる」という動詞がそれぞれ名詞に変化したものです。

例文:走る(動詞)→走ることが楽しい。赤い(形容詞)→赤いが好きだ。

数詞

最後は数詞です。数詞とは、個数や数量などを表す名詞のことです。
1個、1kg、1mなどです。これも名詞の一部なんですね!

例文:一つ、二個、三枚(基数詞)、第一番、第二番、三つ目(序数詞)など。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語