新規登録 ログイン
検索条件
タグ 清水寺炎上

1

9_80
Text_level_1
平家物語 清水寺炎上 山門の大衆、狼藉(ろうぜき)をいたさば、手向かへすべきところに、心深うねらふ方もやありけん、一言葉も出ださず。御門(みかど)隠れさせ給ひては、心なき草木までも、愁(うれ)へ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 清水寺炎上 衆徒帰りのぼりにければ、一院六波羅より還御(かんぎょ)なる。重盛卿ばかりぞ御ともには参られける。父の卿は参られず。なほ用心の為かとぞ聞こえし。重盛の卿御送りより帰られたりけ... (全て読む)

1