新規登録 ログイン
検索条件
タグ 壬生忠岑

1

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし」という歌について説明していきます。 原文 有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり 憂き... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「春日野の雪間をわけて生ひ出でくる草のはつかに見えし君はも」という歌について説明していきます。 原文 春日野の雪間をわけて生ひ出でくる草のはつ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「山里は秋こそことにわびしけれ鹿の鳴く音に目をさましつつ」という歌について説明していきます。 原文 山里は秋こそことにわびしけれ 鹿の鳴く音に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
わびし/侘びし このテキストでは、シク活用の形容詞「わびし/侘びし」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容詞・シク活用 |未然形|わびしく|わびしから| |連用形... (全て読む)

1