新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「いみじ」の意味・解説【形容詞シク活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
いみじ

ALT

形容詞・シク活用

未然形いみじくいみじから
連用形いみじくいみじかり
終止形いみじ
連体形いみじきいみじかる
已然形いみじけれ
命令形いみじかれ


意味1

はなはだしい、並々でない、たいそう

[出典]枕草子 清少納言
「験者の、物の怪調ずとて、いみじうしたり顔に...」

[訳]:修験者が、物の怪を調伏するといって、たいそう得意顔で...


[出典]十訓抄
「楊梅大納言顕雅卿は、若くよりいみじく言失をぞしたまひける。」

[訳]:楊梅大納言顕雅卿は、若い頃からたいそう言い間違いをなさる人でした。


意味2

優れている、素晴らしい、立派である

[出典]枕草子 清少納言
「隆家こそいみじき骨は得てはべれ。」

[訳]:私、隆家は、素晴らしい骨を手に入れました。


[出典]更級日記 菅原孝標女
「おのづからなどは、空におぼえ浮かぶを、いみじきことに思ふに...」

[訳]:おのずと、何も見ずに思い出されるのを、素晴らしいことだと思っていると...


意味3

ひどい、恐ろしい、悲しい、情けない、大変である

[出典]:枕草子 清少納言
「あないみじ。犬を蔵人二人して打ち給ふ。」

[訳]:まあひどい。犬を蔵人二人がお打ちになる。


[出典]源氏物語 紫式部
「あないみじや。いとあやしきさまを人や見つらむ。」

[訳]:まぁたいへん。とてもみっともない様子を誰かが見てしまったのでしょうか。


意味4

とても嬉しい

[出典]:竹取物語
「さる所へまからむずるも、いみじくも侍らず。」

[訳]:そのような所へ参りますようなことも、嬉しくございません。


備考

名詞の「忌み」が形容詞化したもの。

いみじう

「いみじう」は、「いみじ」の連用形「いみじく」のウ音便。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 6,835 pt 
 役に立った数 6 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。