manapedia
更新日時:
『杜子春伝(有一老人策杖於前〜)』書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説
著作名: 走るメロス
21,058 views

現代語訳(口語訳)

(東の市場の西門で途方にくれていた杜子春。気づくと)
一人の老人が杖をついて(杜子春の)前に立っています。
老人が質問して言いました。
「あなたは何を嘆いておいでか。」と。


杜子春は心の思いを延べ、親戚が(自分を)疎んじたことへの憤りや、気持ちの高ぶった様子が、顔色に出ていました。
老人が言いました。

「いくらあれば事足りるかね。」


杜子春が言いました。
「三万か五万あれば生活できます。」と。


老人が言いました。
「まだまだ。」と。


(そこで杜子春は)更に言いました。
「十万。」と。


(老人が)言いました。
「まだまだ。」と。


(杜子春は)更に言いました。
「百万。」と。


(老人は)また言いました。
「まだまだ。」と。


(杜子春が)言いました。
「三百万。」と。


(老人は)ようやく言いました。
「よいだろう。」と。


そこで(老人は)袖から一束の銭を出して言いました。
「あなたに差し上げよう。今は夕暮れ時なので、明日の正午に、あなたを西の市場のペルシャ屋敷でお待ちしている。
くれぐれも時間に遅れることがないように。」と。


(次の日)時間になったので、杜子春は(屋敷へと)行きました。
老人は本当に三百万の銭を(杜子春に)与え、名前を告げずに去って行きました。

単語・文法解説

疎薄疎ましく思い冷遇すること
感激之気気持ちの高ぶった様子
緡とは銭の穴に通して銭を束ねておく縄のこと
波斯邸「波斯」はペルシャのこと
くれぐれも
「果たして」で「本当に」





1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。