新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

史記『項王暴挙・楚人沐猴而冠耳』(居数日、項羽引兵西〜)書き下し文・現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

現代語訳(口語訳)

居ること数日、項羽兵を引きて西し、咸陽を屠り、秦の降王子嬰を殺し、秦の宮室を焼く。
(鴻門之会を終えて)数日とどまり、項羽は兵を率いて西に向かい、咸陽を攻め滅ぼし、秦の最後の皇帝である子嬰を殺し、秦王朝の宮廷を焼きました。



火三月滅せず。
火は三ヶ月鎮まりませんでした。

其の貨宝婦女を収めて東せんとす。
(項羽軍は)秦の財宝や女性を手中に収めて東に向かおうとしました。

人或いは項王に説きて曰はく、
ある者が項王に説いて言うことには、

「関中は山河を阻てて四塞し、地は肥饒なり。
「関中は山や川に四方を隔てられ、土地は肥沃です。

都して以て覇たるべし。」と。
ここを都とすれば(天下に)覇を唱えることができるでしょう。」と。




項王秦の宮室の皆以て焼けて残破せるを見、又心に懐思し、東帰せんと欲して曰はく、
項王は、秦の宮廷がすべて焼けて破壊されたのを見て、そして(故郷を)思って、東に帰ろうと思って言いました。

「富貴にして故郷に帰らざるは、繡を衣て夜行くがごとし。
「成功して故郷に帰らないのは、立派な着物を着て夜に歩くようなものだ。

誰か之を知る者ぞ。」と。
誰がこれ(成功したことを)知るだろうか、いや知らない。」と。


説く者曰はく、
(項王に)説いた者は言いました。

「人は言ふ、『楚人は沐猴にして冠するのみ』と。果たして然り。」と。
「世間は『楚の人は、猿が人まねをして冠をかぶっているだけだ。』と言っている。やはりそのとおりだ。」と。




項王之を聞き、説く者を烹る。
項王はこれを聞いて、説いた者を煮殺してしまいました。

単語解説

項羽鴻門之会での「項王」と同一人物
敵を破る、打ち負かす
子嬰秦最後の皇帝
収其貨宝婦女戦利品として財宝や女性を奪ったということ
阻山河四塞四方を山河で囲まれており、守りに優れているということ
富貴お金持ちで地位や身分が高いこと。ここでは「成功して」と訳す

1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Tunagari_title
・史記『項王暴挙・楚人沐猴而冠耳』(居数日、項羽引兵西〜)書き下し文・現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 101,896 pt 
 役に立った数 145 pt 
 う〜ん数 35 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。