manapedia
更新日時:
源氏物語『桐壷・光源氏の誕生(いづれの御時にか〜)』の現代語訳・解説
著作名: 走るメロス
1,171,788 views

品詞分解

※品詞分解:源氏物語『桐壷・光源氏の誕生(いづれの御時にか〜)』の品詞分解(文法・助動詞など)

単語・文法解説

女御、更衣天皇に仕えていた女性の位
やむごとなき形容詞「やむごとなし」の連体形。高貴である、身分が高い
時めきカ行四段活用「ときめく」の連用形。帝の寵愛を受けて栄える
めざましき形容詞「めざまし」の連体形。気にくわない
篤しく形容詞「あつし」の連用形。病気がちである
里がちなる形容動詞「里がちなり」の連体形。実家に帰りっていることが多い
そしり悪口
え〜ず〜することができない
あいなく形容詞「あいなし」の連用形。気に入らない、不快である
まばゆき形容詞「まばゆけれ」の連体形。度が過ぎて見ていられない
あぢきなう形容詞「あぢきなし」の連用形のウ音便。道理に合わない、まともでない
はしたなき形容詞「はしたなし」の連体形。きまりが悪い
かたじけなき形容詞「かたじけなし」の連体形。ありがたい、もったいない
北の方奥方
親うち具す両親がそろっている
もてなしサ行四段活用「もてなす」の連用形。取り計らう、物事を執り行う
はかばかしき形容詞「はかばかし」の連体形。しっかりしている、頼もしい


1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。