manapedia
更新日時:
ヤハウェとは わかりやすい世界史用語194
著作名: ピアソラ
123 views
ヤハウェとは

ヤハウェは古代レバント地方の神であり、イスラエルとユダの王国の国家神でした。起源についての明確な合意はありませんが、学者たちは一般的にヤハウェがセイル、エドム、パラン、テマンと関連があると考えており、後にカナンとも関連があるとされています。彼の崇拝の起源は少なくとも初期鉄器時代に遡り、おそらくはそれ以前の後期青銅器時代にまで遡るとされています。

最古の聖書文献では、ヤハウェは天候と戦争の神に典型的に帰せられる属性を持ち、土地を肥沃にし、天の軍を率いてイスラエルの敵に対抗しました。初期のイスラエル人は多神教を信仰しており、エル、アシェラ、バアルなどのカナンの神々とともにヤハウェを崇拝していました。後の世紀には、エルとヤハウェが同一視され、エルに関連する称号であるエル・シャダイなどがヤハウェだけに適用されるようになり、バアルやアシェラなどの他の神々はヤハウェの宗教に吸収されました。十戒を授け、ユダヤの民を守る契約を交わしたとされます。バビロン捕囚の終わり頃には、他の神々の存在が否定され、ヤハウェが創造神であり唯一崇拝されるべき神として宣言されました。

第二神殿時代には、ヤハウェの名を公に発することがタブーとされ、代わりに主に「アドナイ」(我らの主)という言葉が使われるようになりました。ローマ時代には、70年にエルサレムとその神殿が破壊された後、神の名前の元の発音は完全に忘れ去られました。

神の名前は古代ヘブライ文字でYHWHと書かれ、現代の学者はこれを「ヤハウェ」と転写することに合意しています。この名前の短縮形として「イェホー」、「ヤフー」、「ヨー」といった形が個人名や「ハレルヤ!」などのフレーズに現れます。名前の神聖さと、「虚しく名を唱えるな」という戒めにより、用語の発音や書き表しに関する禁止がますます厳格になりました。ラビの資料によると、第二神殿時代には、神の名前は年に一度、贖罪の日に大祭司によってのみ発音されました。

ヤハウェの個人名の意味については様々な解釈がありますが、多くの学者は「存在するものをすべて存在させる者」(ヤハウェ・アシャー・ヤハウェ)が最も適切な意味であると信じています。サムエル記では、神はヤハウェ・テバオト、または「軍勢を存在させる者」として知られており、「軍勢」は天の宮廷またはイスラエルを指す可能性があります。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史