manapedia
更新日時:
古文単語「つぐ/告ぐ」の意味・解説【ガ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
800 views
にぐ/逃ぐ

このテキストでは、ガ行下二段活用の動詞「つぐ/告ぐ」の意味、活用、解説とその使用例を記している。

「つぐ」には
①「告ぐ」
②「継ぐ/接ぐ/注ぐ」」
などのの用法があるが、ここでは①「告ぐ」を扱う。

ガ行下二段活用

未然形つげ
連用形つげ
終止形つぐ
連体形つぐる
已然形つぐれ
命令形つげよ


意味:他動詞

知らせる、伝える

[出典]百人一首 参議篁
「わたの原 八十島かけて 漕ぎいでぬと 人には告げよ 海人の釣舟」

[訳]:大海原、(そこに浮かぶ)多くの島々を目指して漕ぎ出していったと(都の)人に告げてくれ。漁師の釣り船よ。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。