manapedia
更新日時:
骨格系(遺伝病の影響)
著作名: Satow
42 views
時々、骨格系とその組織には問題が生じます。人間はある種の遺伝病にかかると、骨を必要以上に大きく、そして分厚く成長させてしまうのです。

(遺伝病ではないのですが)先端巨大症は、脳下垂体に影響を及ぼして莫大な量の成長ホルモンを産み出す原因となる症状につけられた用語です。

他にも、骨の形成やそれに関係する結合組織(コラーゲンなど)に問題を引き起こす病気があります。こういった遺伝病は骨がもろく折れやすくなる原因となり、体のコラーゲンは健康な人間の強さを持っていないのです。もしすべてが順調ならば、骨は折れても自然と治ります。骨折した高齢者であっても、新たに骨や結合組織を再生させ、その骨を安定した状態にすることができるのです。



BIOLOGY4KIDS.COM
https://manapedia.jp/mypage/index

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






生物