manapedia
更新日時:
古文単語「まなぶ/学ぶ」の意味・解説【バ行四段活用】
著作名: 走るメロス
26 views
まなぶ/学ぶ

ALT

バ行四段活用

未然形まなば
連用形まなび
終止形まなぶ
連体形まなぶ
已然形まなべ
命令形まなべ


※平安時中期頃まで、漢文訓読文の用途でバ行上二段活用も用いられた。

意味1:他動詞

まねる

[出典]留志長者のこと 宇治拾遺物語
「帝釈それをまねばせ給はざらむやは...」

[訳]:帝釈天はそれを真似なさらないでしょうか、いやなさるはずです...


意味2:他動詞

学ぶ、学問をする、勉強する

[出典]:ささめごと
「この道、先達を尋ねて学ぶべきにや」

[訳]:この道は、先人(の知恵を)を追い求めて学ぶのがよいでしょうか。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。