manapedia
更新日時:
源氏物語「車争ひ」(物も見で帰らむとしたまへど、通り出でむ隙もなきに〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
651 views
源氏物語「車争ひ」

このテキストでは、源氏物語に収録されている「車争ひ」(物も見で帰らむとしたまへど、通り出でむ隙もなきに)の品詞分解をしています。

※前回のテキスト:「車争ひ」(斎宮の御母御息所、もの思し乱るる慰めにもやと〜)の品詞分解

※現代語訳:「車争ひ」(物も見で帰らむとしたまへど、通り出でむ隙もなきに〜)のわかりやすい現代語訳と解説

原文・本文

名詞は省略しています。

係助詞
マ行上一段活用「みる」の未然形
接続助詞
帰らラ行四段活用「かへる」の未然形
意志の助動詞「む」の終止形
格助詞
サ行変格活用「す」の連用形
たまへハ行四段活用「たまふ」の已然形
ど、接続助詞
通り出でダ行下二段活用「とほりいづ」の未然形
婉曲の助動詞「む」の連体形
係助詞
なきク活用の形容詞「なし」の連体形
に、格助詞
「事
なりラ行四段活用「なり」の連用形
ぬ。」完了の助動詞「ぬ」の終止形
格助詞
言へハ行四段活用「いふ」の已然形
ば、接続助詞
さすがに副詞
つらきク活用の形容詞「つらし」の連体形
格助詞
御前渡り
格助詞
待たタ行四段活用「まつ」の未然形
るる自発の助動詞「る」の連体形
係助詞
心弱し
や。間投助詞
格助詞
断定の助動詞「なり」の連用形
だに副助詞
あらラ行変格活用「あり」の未然形
打消の助動詞「ず」の已然形
接続助詞
断定の助動詞「なり」の連用形
や、係助詞
つれなくク活用の形容詞「つれなし」の連用形
過ぎガ行上二段活用「すぐ」の連用形
たまふハ行四段活用「たまふ」の連体形
格助詞
つけカ行下二段活用「つく」の連用形
接続助詞
も、係助詞
なかなか副詞
御心づくし
なり。断定の助動詞「なり」の終止形
げに、副詞
より格助詞
係助詞
好みととのへハ行下二段活用「このみととのふ」の連用形
たる存続の助動詞「たり」の連体形
車ども
の、格助詞
係助詞
係助詞
格助詞
乗りこぼれラ行下二段活用「のりこぼる」の連用形
たる存続の助動詞「たり」の連体形
下簾
格助詞
隙間ども
も、係助詞
さらぬ顔なれナリ活用の形容動詞「さらぬかほなり」の已然形
ど、接続助詞
ほほ笑みマ行四段活用「ほほえむ」の連用形
つつ接続助詞
後目
格助詞
とどめマ行下二段活用「とどむ」の連用形
たまふハ行四段活用「たまふ」の連体形
係助詞
あり。ラ行変格活用「あり」の終止形



1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。