manapedia
更新日時:
伊勢物語『菊・前栽の菊』(むかし、男、人の前栽に菊うゑけるに〜)の品詞分解
著作名: 走るメロス
1,181 views
伊勢物語『菊』

このテキストでは、伊勢物語の第51段『』(むかし、男、人の前栽に菊うゑけるに〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては「前栽の菊」と題するものもあります。



※伊勢物語は平安時代初期に書かれた歌物語です。作者は未詳ですが、在原業平がモデルではないかと言われています。
品詞分解

※名詞は省略しています。


むかし、男、人の前栽に菊植ゑけるに、「植ゑし植ゑば秋なき時や咲かざらむ花こそ散らめ根さへ枯れめや」

むかし、
男、
格助詞
前栽
格助詞
うゑワ行下二段活用「うう」の連用形
ける過去の助動詞「けり」の連体形
に、格助詞
「うゑワ行下二段活用「うう」の連用形
副助詞
うゑワ行下二段活用「うう」の未然形
接続助詞
なきク活用の形容詞「なし」の連体形
係助詞(係り結び)
咲かカ行四段活用「さく」の未然形
ざら打消の助動詞「ず」の未然形
推量の助動詞「む」の連体形(係り結び)
こそ係助詞(係り結び)
散らラ行四段活用「ちる」の未然形
推量の助動詞「む」の已然形(係り結び)
さへ副助詞
枯れラ行下二段活用「かる」の未然形
推量の助動詞「む」の已然形
係助詞


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。