manapedia
古文単語「きふ/来経」の意味・解説【ハ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
343 views
きふ/来経

ALT

ハ行下二段活用

未然形きへ
連用形きへ
終止形きふ
連体形きふる
已然形きふれ
命令形きへよ


意味:自動詞

年月が経過する、年月がやって来ては去っていく

[出典]万葉集
「万代に年は来経とも梅の花絶ゆることなく咲きわたるべし」

[訳]: 永遠に年がやって来ては去って行くとしても梅の花は絶えることなく咲き続けることでしょう


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。