manapedia
更新日時:
古代エジプトのナイル川 世界史用語132
著作名: ピアソラ
80 views
古代エジプトのナイル川

古代エジプトの文明は、ナイル川によって創造され、大きく影響を受けました。ナイル川は、東中央アフリカから地中海に向かって北流し、4160マイル(約6700キロメートル)に及ぶ世界で最も長い川の一つです。ナイル川は、古代エジプトに肥沃な土壌と灌漑用の水を提供するとともに、建築資材を運搬する手段としても利用されました。ナイル川の水は、砂漠の中に都市を芽吹かせるのに不可欠でした。

ナイル川の最も重要な特徴は、毎年夏の終わりに川の両岸に氾濫することでした。この氾濫によって、ナイル川はアフリカの角から運ばれた豊富な栄養分をエジプトに沈殿させました。この沈殿物は、ナイル渓谷を生産的な農地に変えました。古代エジプト人は、この氾濫に適応する方法を見つけ、農業や船造りなどの新しい技術を発展させました。ナイル川は、ピラミッドなどの壮大な建造物の建設にも関与しました。ピラミッドは、古代エジプトの文明の最も象徴的な遺産の一つです。

ナイル川は、古代エジプト人の自己観や世界観にも深い影響を与え、彼らの宗教や文化を形作りました。ナイル川は、古代エジプト人にとって神聖な存在でした。彼らは、氾濫や豊穣の神であるハピを崇拝し、青や緑の肌をした太った男性として描きました。また、ナイル川は、古代エジプト人の暦の始まりでもありました。彼らの暦は、氾濫の最初の月から年を始めました。

ナイル川は、古代エジプト人の生活にも欠かせないものでした。ナイル川は、飲料水や入浴水のほか、レクリエーションや交通の場としても利用されました。古代エジプト人は、ナイル川の水を運河に引き込んで農地や都市に灌漑しました。また、ナイル川で魚を捕ったり、船で物資や人々を運んだりしました。ナイル川は、古代エジプトの経済や政治にも大きな役割を果たしました。ナイル川は、エジプトの国土を上下に分ける境界線でもありました。上エジプトは、ナイル川の南部の高地にあたり、下エジプトは、ナイル川の北部の低地にあたりました。ナイル川の河口付近には、肥沃な三角州が形成され、古代エジプトの首都や重要な都市が建設されました。

ナイル川は、古代エジプトの文明にとって、生命をもたらす川でした。ナイル川がなければ、エジプトの文明は成立しなかったでしょう。ナイル川は、古代エジプト人の歴史や伝統、信仰や芸術に深く刻まれています。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史