manapedia
古文単語「さかし/賢し」の意味・解説【形容詞シク活用】
著作名: 走るメロス
2,967 views
さかし/賢し

ALT

形容詞・シク活用

未然形さかしくさかしから
連用形さかしくさかしかり
終止形さかし
連体形さかしきさかしかる
已然形さかしけれ
命令形さかしかれ


意味1

賢い、優れている

[出典]いみじき成敗 沙石集
「国の守、眼さかしくして、この主は不実の者、この男は正直の者と見ながら、なほ不審なりければ...」

[訳]:国守は、眼力が優れており、この持ち主は不誠実な者であり、この男(夫)は正直な者であると思いましたが、依然として疑わしかったので...


意味2

しっかりしている、気丈である

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
「中に、心賢しき者、念じて射むとすれども、外ざまへ行きければ...」

[訳]:(その)中で、心がしっかりしている者は、我慢して矢を射ようとしますが、よその方にいったので...


意味3

気が利いて良い、上手だ

[出典]:門出 土佐日記
「異人々のもありけれど、さかしきもなかるべし。」

[訳]:他の人々のもの(和歌)もあったが、上手なものはないようである。


意味4

利口ぶっている、生意気である、こざかしい

[出典]:さかしきもの 枕草子
さかしきもの。今様の三歳児。」

[訳]こざかしいもの。今時の三歳児。


備考「さかし」と「かしこし」

かしこし」は、用いる対象への畏敬の思いが含まれ、「利口ぶっている/こざかしい」の意味はない。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。