manapedia
更新日時:
古文単語「だいり/内裏」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
4,659 views
だいり/内裏

ALT

「だいり」には
①内裏
②大理
などの用法があるが、ここでは「①内裏」を扱う。
名詞

意味1

天皇の住む御殿、皇居、御所

[出典]花山院の出家 大鏡
「かつがつ、式神一人内裏に参れ。」

[訳]:ひとまず、式神が一人、御所へ参内しなさい。


意味2

天皇、帝

[出典]御法 源氏物語
内裏の御使ひの隙なきもわづらはしければ、さも聞こえ給はぬに...」

[訳]の使いがひっきりなしにやってくるのに気をつかわせられるので、(紫の上は)そう(もうしばらくご滞在になってくださいと)は申し上げることはなさいませんが...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。