manapedia
更新日時:
古文単語「かりそめなり/仮初なり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】
著作名: 走るメロス
3,226 views
かりそめなり/仮初なり

ALT

形容動詞・ナリ活用

未然形かりそめなら
連用形かりそめなりかりそめに
終止形かりそめなり
連体形かりそめなる
已然形かりそめなれ
命令形かりそめなれ


意味1

ほんの一時的である、間に合わせである、はかない様

[出典]御法 源氏物語
「限りもなくらうたげにをかしげなる御さまにて、いとかりそめに世を思ひ給へるけしき...」

[訳]:(やせ細った今のご様子は他のものに例えようもなく)この上なく可憐で可愛らしいご様子で、本当に一時的なものだとこの世のことお思いになられている様子は...


意味2

ちょっと、たまたま、ふと

[出典]草加 奥の細道
「ことし元禄二年にや、奥羽長途の行脚只かりそめに思ひ立ちて...」

[訳]:今年は元禄二年であろうか。奥羽への長い道のりの旅をただふと思いついて...


意味3

軽々しいこと、なおざりな様、いいかげんな様

[出典]:瓜盗人
「ああ、かりそめな事をいたさう事ではござらぬ。」

[訳]:ああ、いいかげんなことをしてはいけないことです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。