manapedia
古文単語「うひうひし/初々し」の意味・解説【形容詞シク活用】
著作名: 走るメロス
1,195 views
うひうひし/初々し

ALT

形容詞・シク活用

未然形うひうひしくうひうひしから
連用形うひうひしくうひうひしかり
終止形うひうひし
連体形うひうひしきうひうひしかる
已然形うひうひしけれ
命令形うひうひしかれ


意味1

慣れていない、経験が乏しい、うぶである

[出典]那須野 奥の細道
「いかがすべきや。されどもこの野は縦横にわかれて、うひうひしき旅人の道ふみたがえん、あやしう侍れば...」

[訳]:どうしたものでしょうか。そうはいってもこの野道は縦横に分かれていて、(この土地に)慣れていない旅人が道を間違えるようなことも、心配ですから...


意味2

(慣れておらず)
気恥ずかしい、気後れする、きまりが悪い

[出典]:賢木 源氏物語
「内裏に参り給はむことは、うひうひしく所狭く思しなりて...」

[訳]:宮中に三条なさるようなことは、きまりが悪く肩身の狭いこととお思いになって...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。