manapedia
更新日時:
古文単語「とのもれう/主殿寮」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
3,208 views
とのもれう/主殿寮

ALT

「とのもりれう」、「とのもづかさ」、「とのもりづかさ」、「とのもり」とも。
名詞

意味

主殿寮(役所)、主殿寮に属する役人
※主殿寮とは、宮内省に属し、天皇の乗り物、調度、清掃、湯浴み、灯火などをつかさどる役所、またはそこの役人

[出典]二月つごもりごろに 枕草子
「二月つごもりごろに、風いたう吹きて、空いみじう黒きに、雪少しうち散りたるほど、黒戸に主殿寮きて...」

[訳]:二月の下旬ごろに、風がとても吹いて、空がたいそう暗く、雪が少し舞い散っているとき、黒戸(の部屋)に主殿寮の役人が来て...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。