新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

枕草子『二月つごもりごろに』のわかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
二月つごもりごろに

ここでは、枕草子の中の『二月つごもりごろに』の現代語訳(口語訳)と解説を行っています。

原文

二月つごもりごろに、風いたう吹きて、空いみじう黒きに、雪少しうち散りたるほど、黒戸に主殿寮(とものづかさ)きて、

「かうて候ふ。」


と言へば、寄りたるに、

「これ、公任の宰相殿の。」


とてあるを、見れば、懐紙に、
  
少し春ある心地こそすれ

とあるは、げに今日の気色にいとよう合ひたる。これが本はいかでかつくべからむ、と思ひ煩(わづら)ひぬ。

「たれたれか。」


と問へば、

「それそれ。」


と言ふ。皆いと恥づかしき中に、宰相の御答(いら)へを、いかでかことなしびに言ひ出でむ、と心ひとつに苦しきを、御前に御覧ぜさせむとすれど、上のおはしまし大殿籠りたり。主殿司は、

とくとく。」


と言ふ。げに遅うさへあらむは、いと取りどころなければ、さはれとて、
  
空寒み花にまがへてちる雪に

と、わななくわななく書きてとらせて、いかに思ふらむとわびし。 これがことを聞かばやと思ふに、そしられたらば聞かじとおぼゆるを、

「俊賢の宰相など、『なほ内侍に奏してなさむ。』となむ、定め給ひし。」


とばかりぞ、左兵衛督の中将におはせし、語り給ひし。

現代語訳(口語訳)

二月の末ごろに、風がたいそう吹き、空はとても暗く、雪が少し舞い散ってきたときのこと、黒戸の部屋に主殿寮の人がやってきて、

「ここに控えています。」


と言うので、(何事かと思って)近寄ったところ、

「これは、公任の宰相殿の(お手紙)です。」


と言って差し出したので、見てみると、懐紙に

「少し春っぽい心地がします。」


と(歌の下の句が書いて)あるので、本当に今日の雰囲気によく合っています。この歌の上の句はどのようにつけるのがよいかと、私は思い悩みました。

「(公任の宰相殿と一緒にいるのは)誰と誰ですか。」


と(主殿寮の人に)尋ねてみると、(主殿寮の人は)

「(だれそれが)いらっしゃいます。」


と言います。皆(自分が気後れするほど)立派な方々でいらっしゃる中で、宰相殿へのお返事を、どうして何気なく出すことができましょうか、(いやできません、)と自分一人で考えるのは心配なので、中宮様にお目にかけさせようとしたのですが、天皇がいらっしゃって、(中宮様はご一緒に)お休みになられています。主殿寮の人は、

「早く早く(返事をください)。」


と言います。いかにも、(歌の内容が悪くそのうえ返事も)遅いとなっては、たいそうとりえもないので、ままよ、と思って

「空が寒いので、花と見間違えるかのように降っている雪で」


と、震え震えながら書いて(主殿寮の人に)渡したのですが、(向こうの方々が)どのように思っているのだろうかと(考えると、)心細く感じます。出した返事の評価を伺いたいと思いますし、悪く言われていたら聞くものかとも思いますが、

「俊賢の宰相などが、『やはり(清少納言を)内侍に(採用するよう)と天皇に申し上げよう。』とお決めになられました。」


とだけ、左兵衛督の中将でいらっしゃった方が私に語ってくださいました。

次ページ:品詞分解と単語解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選古典B 』三省堂
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 149,763 pt 
 役に立った数 300 pt 
 う〜ん数 43 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。