manapedia
更新日時:
源氏物語『須磨の秋(月のいとはなやかにさし出でたるに〜)』の品詞分解(助動詞など)
著作名: 走るメロス
28,789 views
源氏物語『須磨の秋』

このテキストでは、源氏物語の一節『須磨の秋(月のいとはなやかにさし出でたるに〜)』の品詞分解を記しています。



※現代語訳:源氏物語『須磨の秋(月のいとはなやかにさし出でたるに〜)』の現代語訳と解説

※源氏物語は平安中期に成立した長編小説です。一条天皇中宮の藤原彰子に仕えた紫式部が作者とするのが通説です。

品詞分解

※名詞は省略しています。


月のいとはなやかにさし出でたるに、今宵は十五夜なりけりと思し出でて、殿上の御遊び恋しく、所々眺め給ふらむかしと思ひやり給ふにつけても、月の顔のみまもられ給ふ。

格助詞
いと副詞
はなやかに形容動詞・ナリ活用・連用形
さし出でダ行下二段活用・連用形
たる完了の助動詞・連体形
に、接続助詞
今宵
係助詞
十五夜
なり断定の助動詞・連用形
けり詠嘆の助動詞・終止形
格助詞
思し出でダ行下二段活用・連用形
て、接続助詞
殿上
格助詞
御遊び
恋しく、形容詞・シク活用・連用形
所々
眺めマ行下二段活用・連用形
給ふ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・終止形
らむ現在推量の助動詞・終止形
かし終助詞
格助詞
思ひやりラ行四段活用・連用形
給ふ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連体形
格助詞
つけカ行下二段活用・連用形
接続助詞
も、係助詞
格助詞
のみ副助詞
まもらラ行四段活用・未然形
自発の助動詞・連用形
給ふ。尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・終止形



「二千里外故人心」と誦じ給へる、例の涙もとどめられず。入道の宮の、「霧や隔つる。」とのたまはせしほど、言はむ方なく恋しく、折々のこと思ひ出で給ふに、よよと、泣かれ給ふ。

「二千里外故人心」
格助詞
誦じサ行変格活用・連用形
給へ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・已然形
る、完了の助動詞・連体形
格助詞
係助詞
とどめマ行下二段活用・未然形
られ可能の助動詞・未然形
ず。打消の助動詞・終止形
入道
格助詞
の、格助詞
「霧
係助詞
隔つる。」ラ行下二段活用・連体形
格助詞
のたまはせサ行下二段活用・連用形
過去の助動詞・連体形
ほど、
言はハ行四段活用・未然形
婉曲の助動詞・連体形
なく形容詞・ク活用・連用形
恋しく、形容詞・シク活用・連用形
折々
格助詞
こと
思ひ出でダ行下二段活用・連用形
給ふ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連体形
に、接続助詞
よよと、副詞
泣かカ行四段活用・未然形
自発の助動詞・連用形
給ふ。尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・終止形



「夜更け侍りぬ。」と聞こゆれど、なほ入り給はず。「見るほどぞしばし慰むめぐりあはむ月の都は遥かなれども」

「夜
更けカ行下二段活用・連用形
侍り丁寧の補助動詞・ラ行変格活用・連用形
ぬ。」完了の助動詞・終止形
格助詞
聞こゆれラ行下二段活用・已然形
ど、接続助詞
なほ副詞
入りラ行四段活用・連用形
給は尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・未然形
ず。打消の助動詞・終止形
見るマ行上一段活用・連体形
ほど
係助詞
しばし副詞
慰むマ行四段活用・連体形
めぐりあはハ行四段活用・未然形
婉曲の助動詞・連体形
格助詞
係助詞
遥かなれ形容動詞・ナリ活用・已然形
ども」接続助詞



1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。