manapedia
更新日時:
大鏡『三船の才(公任の誉れ)』の品詞分解(敬語など)
著作名: 走るメロス
132,112 views
大鏡『三船の才・公任の誉れ・』

このテキストでは大鏡の中の『三船の才・公任の誉れ』(一年、入道殿の大井川に逍遥せさせ給ひしに〜)の品詞分解を記しています。



※現代語訳:大鏡『三船の才(公任の誉れ)』のわかりやすい現代語訳と解説・文法

※大鏡は平安時代後期に成立したとされる歴史物語です。藤原道長の栄華を中心に、宮廷の歴史が描かれています。
品詞分解

※名詞は省略しています。


一年、入道殿の大井川に逍遥せさせ給ひしに、作文の舟・管絃の舟・和歌の舟と分たせ給ひて、その道にたへたる人々を乗せさせ給ひしに、この大納言の参り給へるを、

一年、
入道殿
格助詞
大井川
格助詞
逍遥せサ行変格活用・未然形
させ尊敬の助動詞・連用形
給ひ補助動詞・ハ行四段活用・連用形・尊敬語
過去の助動詞・連体形
に、格助詞
作文
格助詞
舟、
管絃
格助詞
舟、
和歌
格助詞
舟、
格助詞
分たタ行四段活用・未然形
尊敬の助動詞・連用形
給ひ補助動詞・ハ行四段活用・連用形・尊敬語
て、接続助詞
代名詞
格助詞
格助詞
たへハ行下二段活用・連用形
たる完了の助動詞・連体形
人々
格助詞
乗せサ行下二段活用・未然形
させ尊敬の助動詞・連用形
給ひ補助動詞・ハ行四段活用・連用形・尊敬語
過去の助動詞・連体形
に、接続助詞
代名詞
格助詞
大納言
格助詞
参りラ行四段活用・連用形
給へ補助動詞・ハ行四段活用・已然形・尊敬語
完了の助動詞・連体形
を、接続助詞



入道殿、「かの大納言、いづれの舟にか乗らるべき。」とのたまはすれば、「和歌の舟に乗り侍らむ。」とのたまひて、詠み給へるぞかし、

入道殿、
「か代名詞
格助詞
大納言、
いづれ代名詞
格助詞
格助詞
係助詞
乗らラ行四段活用・未然形
尊敬の助動詞・終止形
べき。」推量の助動詞・連体形
格助詞
のたまはすれラ行下二段活用・已然形
ば、接続助詞
「和歌
格助詞
格助詞
乗りラ行四段活用・連用形
侍ら補助動詞・ラ行変格活用・未然形・丁寧語
む。」意志の助動詞・終止形
格助詞
のたまひハ行四段活用・連用形
て、接続助詞
詠みマ行四段活用・連用形
給へ補助動詞・ハ行四段活用・已然形・尊敬語
完了の助動詞・連体形
係助詞
かし、終助詞



「小倉山嵐の風の寒ければ紅葉の錦着ぬ人ぞなき」申し受け給へるかひありてあそばしたりな。

「小倉山
格助詞
格助詞
寒けれ形容詞・ク活用・已然形
接続助詞
紅葉
格助詞
カ行上一段活用・未然形
打消の助動詞・連体形
係助詞
なき」形容詞・ク活用・連体形
申し受けカ行下二段活用・連用形
給へ補助動詞・ハ行四段活用・已然形・尊敬語
完了の助動詞・連体形
かひ
ありラ行変格活用・連用形
接続助詞
あそばしサ行四段活用・連用形
たり完了の助動詞・終止形
な。終助詞



1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。