manapedia
更新日時:
十訓抄『成方の笛(成方といふ笛吹き)』の品詞分解(助動詞など)
著作名: 走るメロス
71,366 views
十訓抄『成方の笛(成方といふ笛吹き)』

このテキストでは、十訓抄の一節『成方の笛』の品詞分解を記しています。書籍によっては、「成方といふ笛吹き」や「成方と名笛」と題するものもあるようです。



※現代語訳はこちら
十訓抄『成方の笛(成方といふ笛吹き)』の現代語訳と解説

※十訓抄は鎌倉中期の説話集です。編者は未詳です。
品詞分解

※名詞は省略しています。


成方といふ笛吹きありけり。御堂入道殿より大丸といふ笛を賜はりて吹きけり。めでたきものなれば、伏見修理大夫俊綱朝臣欲しがりて、「千石に買はむ。」とありけるを、売らざりければ、

成方
格助詞
いふハ行四段活用・連体形
笛吹き
ありラ行変格活用・連用形
けり。過去の助動詞・終止形
御堂入道殿
より格助詞
大丸
格助詞
いふハ行四段活用・連体形
格助詞
給はりラ行四段活用・連用形
接続助詞
吹きカ行四段活用・連用形
けり。過去の助動詞・終止形
めでたき形容詞・ク活用・連体形
もの
なれ断定の助動詞・已然形
ば、接続助詞
伏見修理大夫俊綱朝臣
欲しがりラ行四段活用・連用形
て、接続助詞
「千石
格助詞
買はハ行四段活用・未然形
む。」意志の助動詞・終止形
格助詞
ありラ行変格活用・連用形
ける過去の助動詞・連体形
を、接続助詞
売らラ行四段活用・未然形
ざり打消の助動詞・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞



たばかりて使ひをやりて、「売るべきの由言ひけり。」と空言を言ひつけて、成方を召して、「笛得させむと言ひける、本意なり。」とよろこびて、

たばかりラ行四段活用・連用形
接続助詞
使ひ
格助詞
やりラ行四段活用・連用形
て、接続助詞
「売るラ行四段活用・終止形
べき意志の助動詞・連用形
格助詞
言ひハ行四段活用・連用形
けり。」過去の助動詞・終止形
格助詞
空言
格助詞
言ひつけカ行下二段活用・連用形
て、接続助詞
成方
格助詞
召しサ行四段活用・連用形
て、接続助詞
「笛
ア行下二段活用・未然形
させ使役の助動詞・未然形
意志の助動詞・終止形
格助詞
言ひハ行四段活用・連用形
ける、過去の助動詞・連体形
本意
なり。」断定の助動詞・終止形
格助詞
よろこびバ行四段活用・連用形
て、接続助詞



「価は乞ふによるべし。」とて、「ただ買ひに買はむ。」と言ひければ、成方色を失ひて、「さる事申さず。」と言ふ。

「価
係助詞
乞ふハ行四段活用・連体形
格助詞
よるラ行四段活用・連体形
べし。」意志の助動詞・終止形
とて、格助詞
「ただ副詞
買ひハ行四段活用・連用形
格助詞
買はハ行四段活用・未然形
む。」意志の助動詞・終止形
格助詞
言ひハ行四段活用・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞
成方
格助詞
失ひハ行四段活用・連用形
て、接続助詞
「さる連体詞
申さサ行四段活用・未然形
ず。」打消の助動詞・終止形
格助詞
言ふ。ハ行四段活用・終止形


【受験日本史】戊辰戦争、江戸無血開城、五箇条の誓文、版籍奉還、廃藩置県について解説


1ページ
前ページ
1/3
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。